記事ARTICLE

2017年01月21日

第39回日本スリーデーマーチ(2016年11月4日-6日)

DSC02519

■大会レポート

初日:23,225名、2日目:30,247名、3日目:33,678名 合計87,150名と日本で一番人が集まるウォーキング大会。実は日本一番だけでなく、アジアで№1、世界でも№2と世界的に見ても非常に大きなウォーキング大会でもある。IML国際大会であり、隣国の台湾、中国、韓国などアジアをはじめオランダやスイス、ドイツ、フィンランドなどヨーロッパの方々も多くの方が参加しており、国際色も非常に豊か。また全国各地のウォーキング大会、マーチングリーグのブース出展もあり、ウォーキング大会のEXPOのような様相であった。
地元の小学生や中学生の参加も多く、中学生は大会ボランティアスタッフとしても活動しており、地域に密接した大会であり、子供たちがゴールエリアでハイタッチしてお出迎えしてくれるおもてなしも非常に良かった。埼玉県は元々ウォーキングが非常に盛んな地域でもあり、SAML(埼玉県マーチングリーグ)を中心に埼玉県内のウォーキング大会を集めたリーグもあり、1年を通じて数多くの大会が開催されている。

■大会風景

DSC02323

 DSC02369

台湾チームのスタート記念写真

DSC02343

全国のウォーキング大会、マーチングリーグ

DSC02352

保育園児も参加

DSC02347

最終日のパレード

DSC02530

唐子地区の田園風景

  DSC02485

■観光・おもてなし

地元の女子高校による書道演武

DSC02465

 中学生ボランティアによるハイタッチでのお出迎え

  DSC02532

DSC02449

DSC02422

■大会情報URL  こちら

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

1,462 Views