記事ARTICLE

2016年11月21日

第30回記念瀬戸内倉敷ツーデーマーチ(2017年03月11日-12日)

大会イメージ

■申込期間:2016年12月1日 ~ 2017年2月1日

■大会情報
開催日 2017年03月11日(土)- 2017年03月12日(日)
開催地 岡山県 倉敷市
コース 1日目:40km、20km、10km、5km、観光ウォーク
2日目:30km、20km、10km、5km、観光ウォーク
集合場所 倉敷市役所  (倉敷市西中新田640)
受付時間 6:00~
参加料 1800円 高校生・中学生500円 小学生以下無料(記念品が必要であれば500円)※2日間参加も同額 ※当日申込は一般のみ200円増し

■エントリーはこちら

■大会特徴
風光明媚な多島美を誇る瀬戸内海に本州と四国を結ぶ瀬戸大橋のかかる倉敷市と、歴史と自然の調和した吉備路を舞台に自然と親しみながら体力づくり、健康づくり、そして心と心のふれあいを図る歩く祭典です。競技ではなく、自分のペースで歩くことができるので、ウオーキングマナーを守れる方ならどなたでも気軽にご参加いただけます。多くの市民と全国のウオーカーの参加を心から歓迎いたします。

大会HPはこちら

主会場である倉敷市役所を出発

倉敷4

歴史ある美観地区を歩く

倉敷5

瀬戸大橋の絶景

倉敷6

 

■観光・おもてなし  観光情報HPは、こちら

○倉敷美観地区

白壁土蔵のなまこ壁に、軒を連ねる格子窓の町屋、そして柳並木。倉敷川沿いには情緒豊かな日本の伝統的な美しい町並みが続いています。この周辺一帯は、1979(昭和54)年に国から「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されており、江戸・明治時代に造られた伝統的な建物が並ぶさまは往事のにぎわいを感じさせます。

倉敷1

○児島地区

本州と四国を結ぶ瀬戸大橋のたもとに位置し、鷲羽山、王子が丘、由加山など、景勝地の多い児島。

産業では江戸時代後期に野﨑武左衛門が製塩業で塩田王国を築きました。また「繊維の町」と呼ばれるとおり、繊維産業が盛んです。その歴史は長く、江戸時代の真田紐に始まり、大正時代の足袋、昭和初期の学生服と生産の中心が変遷していくなか1960年代、国内で初めてジーンズの本格的な製造をスタート。高い技術を駆使したジーンズの産地として国内外より大きな注目を集めています。

倉敷2

○真備地区

倉敷市北西部に位置し、静かで美しい竹林の町・真備。地名からもわかるように真備は奈良時代の朝廷で、その知識をもとに政治・文化に広く貢献した真備公ゆかりの場所があちこちにあります。また名探偵・金田一耕助が初登場した小説を横溝正史が執筆したことでも知られています。

倉敷3

■エントリーはこちら

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

1,281 Views